結婚しない理由 経済的問題

結婚しない理由は経済的な問題?

昨今は、出生率の低下による少子化だとか未婚の人が増えただとか言ったことが話題になってきていることも多いですね。

 

しかし、未婚の人が増えているのでしょうか?結婚できないならともかく、結婚しない理由、というのはどこにあるのでしょうか。

 

経済的な問題で結婚しない人が多い

 

結婚しない理由の一つに、やはり経済的な問題でということも大きな要因だと言っていいでしょう。

 

日本を取り巻く大きな問題と言ってもいいのが、労働者と経営者の間にある大きな隔たりです。

 

日本人は何かと勤勉を美徳としていた傾向にありますが、サービス残業が当たり前、と言ったような労働者の労働に対する価値をきちんと支払わなくても、そう言った美徳意識で成り立っていた時代の流れをそのまま未だに持っていることが大きな問題です。

 

結局、これでは労働効率も下がりますし何より収入が労働に見合った物でなければ、当然経済的にも余裕がある、なんてことにはならなくなります。

 

結果として、経済的な余裕の無さは家庭をもつことから人を遠ざけてしまうため、結婚しない人が増えている、ということになっているわけです。

 

どうすれば結婚するようになるのか

 

まず、一番はこの経済的不況を抜本的に解決しないとどうにもなりませんね。

 

結婚というのは結婚式にしろ、一緒に生活していくにしろ何かとお金のかかることが多いです。

 

しかも、二人分の生活費を稼がなくてはいけなくなるわけですから、結婚したことによる税金の補助程度では雀の涙でしかないわけです。

 

家族を養ってありあまる収入を得る事のできる人なんていうのは一握りしかいません。

 

とかく、日本は余計なお事にお金を回して、本当にお金を使わなければいけないことには使わない、と言った意識の低さが顕著です。

 

結婚に対する補助制度も何もないのに、結婚しない人が増えている、なんて問題師したような事を言うのは聞いて呆れるという物です。

 

今後はどうしていくことで結婚が増えるのか

 

まずは、とにかく日本の労働環境を一新させて意識改革をすることですね。

 

十分に家族を養えるだけの収入を得ることへのハードルを下げることです。

 

そのためには、労働環境を整えなければどうにもなりませんからそこから手を付けていくことが国の課題と言ってもいいでしょう。