結婚しない理由 環境変化

結婚しない理由は環境の変化?

最近の人は何故結婚しないのか?結婚しない理由は様々ありますが、何より一番の理由は結婚しなくても生活していくことができる、という環境が大きいでしょう。

 

結婚しない理由に挙げられる、結婚しなくてもよくなった環境とはどんなものでしょうか。

 

 

家事を女性に頼らなくてよくなったから

 

結婚しない理由の一番はこれですね。

 

昨今は、自炊や家事などを自分でできる男性が増えてきていることもあって結婚しなくても自分の身の回りのことを自分でできるようになったため、結婚の必要性という物がなくなったんです。

 

昔は、家事をすることも大変なことだったのですが昨今は便利な家電が沢山増えたりしたおかげで、家事への負担も随分減りましたからね。

 

男性が仕事をしながらでも十分に家事をすることができるので、家事を頼らなくて良くなった分、結婚の必要性が減り、結果として結婚したいという自由意志一本になってしまったんです。

 

結婚は、必ずしも好意の上だけで成り立たない物だった物が、今は好意が前提でないと成立しなくなってきているから、結婚に対する絶対数が減少傾向にあるのです。

 

 

娯楽が増えたことで結婚に拘る必要がなくなった

 

そして、もう一つの結婚しない理由が何といっても娯楽が沢山増えたということでしょう。

 

昔は、今ほど娯楽がなくそれこそ男性にとっての娯楽や幸せは女性と恋愛関係になったり結婚をしたりすること、というのが最終的な幸せの着地点になっていました。

 

しかし、昨今では沢山の娯楽が世の中に溢れ出たおかげで一人で楽しむ趣味などがいっぱいあって、そういったものに傾倒することも一つの幸せの形になってきています。

 

言ってみれば、幸福の着地点が沢山増えたことによって結婚という着地点に拘る必要がなくなったため、人がどんどん細分化していった結果、結婚に行き着く人が減ってしまっている、ということなんです。

 

 

結婚しないのは悪いことなのか?

 

一番気になるのはこれですね、結婚しないことというのはそもそも別に悪いことではないです。

 

結婚して一人前、という考えはもう古いと言い切れます。

 

ただ、本当に好きな人と出会って家庭を築きたいと思う気持ちはとても大事なことです。

 

結婚は、あくまでゴールの一つと重く考えないことが今の時代に合っているのです。