結婚しない理由 悪いこと

結婚しないことは悪いことではない?

結婚しない人が多くなってきている、ということを何かとメディアなどで目にすることが多いですね。

 

確かに、昨今は結婚しない独身の人が増えてきているのですが、そもそもこれはどんな問題があるのでしょうか?それについてを見ていきましょう。

 

結婚しないことはそもそも悪いことではない

 

まず、第一に前提として結婚しないことというのは別段悪いことではないのです。
結婚しない理由、というのは様々あるかと思いますが特に昨今は何かと一人でも生きやすい環境という物が増えています。

 

昔の価値観を持っている人は、結婚しないことを問題と考え何かと世話を焼いたり、結婚しない理由を持って結婚していない人を、結婚できないと断じてこうすれば結婚できる、ああすれば結婚できると余計な世話を焼きたがるのですが、そもそもが結婚することというのは別に必要なことではないのです。

 

結婚すること自体はおめでたいことではあるのですが、それは昨今ではマストな要素ではないため、結婚と言うものが自由意志になってきている今の時代は寧ろいいこととさえ言えるでしょう。

 

結婚しないことで悪いこととはそもそも何か

 

逆に、結婚しないことで騒がれている問題とは何でしょう?一番はやはり結婚する人が減ったことによる少子高齢化問題ですね。
しかし、これは結婚しないことよりも寧ろ日本の経済事情によるところが大きく、結婚を仮にしても経済的な理由で子供を作らない家庭も沢山いますからね。

 

厳しい言い方をしますが、少子高齢化による国への損失を結婚しない理由のある人に責任転嫁をするのはお門違い、という物です。

 

寧ろ、そういう問題意識を持って着手させたいならまずは国が日本の経済不況を解消してから言え、という話しになるわけですね。
そもそも、そういった不況問題の理由の一つに莫大な人口増加も要因の一つであるわけですから、長い目で見ればそれ自体は必ずしも悪いこととはいえないわけです。

 

結婚への意識が変わったことはいいこと

 

昨今は、特に結婚を義務のように考えず自由意志でできるようになってきていますからね。

 

その分、お互いの幸せのことを考えて純粋に結婚を求める事ができるようになっています。
家柄同士の問題だとか、しがらみを気にせず結婚のことを考えられるのは寧ろいいことでしょう。